PRODUCTS

高分子関連材料のサンプル申込み

ご利用方法

1.サンプルが欲しい製品を全てクリックし、チェックマークを付けてください
2.ページ最下部のフォームに必要事項(*は必須)を入力し、「サンプルを申し込む」ボタンをクリックしてください
※本サンプルは企業の研究開発が対象です。使用用途によってはお断りさせていただく場合がございます。

製品カテゴリ

アゾ重合開始剤

アゾ重合開始剤は、熱および光によって分解し、炭素ラジカルを発生するアゾ基(R-N=N-R')をもつ化合物です。
発生した炭素ラジカルは反応性に優れ、各種ビニルモノマーの重合やハロゲン化反応などを進行させます。

水溶性アゾ重合開始剤

VA-057
イメージ
  • 両性イオン構造、pH3~9で使用可能
  • 10時間半減期温度:57℃
VA-086
イメージ
  • ポリマー末端にヒドロキシ基を導入
  • 10時間半減期温度:86℃
VA-061
イメージ
  • 酸性水溶液に可溶
  • 10時間半減期温度:61℃
V-50
イメージ
  • さまざまな重合用途に使用可能
  • 10時間半減期温度:56℃(水中)
VA-044
イメージ
  • 非ニトリル、低温型アゾ重合開始剤
  • 10時間半減期温度:44℃(水中)
V-501
イメージ
  • ポリマー末端にカルボキシル基を導入
  • 10時間半減期温度:69℃

油溶性アゾ重合開始剤

V-601
イメージ
  • 非ニトリル系でありAIBNの代替品
  • 10時間半減期温度:66℃
VR-110
イメージ
  • 炭化水素のみの重合活性種を発生
  • 10時間半減期温度 :110℃
VAm-110
イメージ
  • 高温型、非ニトリルアゾ系重合開始剤
  • 10時間半減期温度:110℃
V-40
イメージ
  • 高温型の油溶性アゾ重合開始剤
  • 10時間半減期温度:88℃
V-70
イメージ
  • 低温で活性種の発生が可能
  • 10時間半減期温度:30℃

高分子アゾ重合開始剤

VPS-1001N
イメージ
  • ポリジメチルシロキサン(シリコーン)
  • ユニットを持つアゾ重合開始剤
VPE-0201
イメージ
  • ポリエチレングリコール(PEG)
  • ユニットを持つアゾ重合開始剤

重合開始剤HPグレード(金属管理品)

V-65HP
イメージ
  • 金属管理が必要なポリマーを製造可能
  • 10時間半減期温度:51℃
AIBN-HP
イメージ
  • 金属管理が必要なポリマーを製造可能
  • 10時間半減期温度:65℃
V-601HP
イメージ
  • 金属管理が必要なポリマーを製造可能
  • 10時間半減期温度:66℃

RAFT剤

RAFT重合は、連鎖移動剤(RAFT剤)を用いて分子量分布が狭いポリマーやブロックポリマーなどの高機能なポリマーを合成することができる手法です。 当社アゾ開始剤とRAFT剤の組み合わせにより、既存の重合系に添加するだけで精密な重合反応が可能となります。

RAFT-007
イメージ
  • 片末端反応型で水系での利用も可能
RAFT-008
イメージ
  • 片末端反応型でナトリウム塩にすることで水系でも利用可能
RAFT-011
イメージ
  • 両末端反応型でスチレンやアクリレート、アクリルアミドに適用可能
RAFT-012
イメージ
  • 両末端反応型でスチレンやアクリレート、アクリルアミドに適用可能
RAFT-013
イメージ
  • 片末端反応型でアクリレートやメタクリレートなどの重合に好適
RAFT-009
イメージ
  • 片末端反応型でアクリレートやメタクリレートなどの重合に好適

重合禁止剤

重合禁止剤は、重合性を有する物質が光や熱により不必要な重合を起こすことを防止できます。 ハイドロキノンのような重合禁止剤は、使用条件によってその性能が十分に発揮しないなどの問題がありましたが、本品は、使用条件に左右されることなく反応性の高いモノマーの精製時や保存時に強力な重合禁止効果を発揮します。

Q-1300
イメージ
  • 強力な重合禁止効果を発揮する
  • 水溶性の重合禁止剤
Q-1301
イメージ
  • 強力な重合禁止効果を発揮する
  • 油溶性の重合禁止剤

水系硬化材料 / 架橋剤

富士フイルムが持つ独自技術により開発した機能性材料です。各種材料のコーティング剤、各種硬化性組成物の材料としてお使いいただけます。

FOM-03006
イメージ
  • 4つのアクリルアミド基を持つ架橋剤
  • 高い硬化性、水溶性、安定性、安全性
FOM-03007
イメージ
  • 3つのアクリルアミド基を持つ架橋剤
  • 高い硬化性、水溶性、安定性、安全性
FOM-03009
イメージ
  • 4つのアクリルアミド基を持つ架橋剤
  • 高い硬化性、水溶性、安定性、安全性
FOM-03010
イメージ
  • 高い親水性を発現するベタイン構造
  • 親水性、生体適合性、安定性に優れる
VS-B
イメージ
  • 2官能のビニルスルホニル基を有する
  • 水系の硬化材料として使用可能
VS-C
イメージ
  • 2官能のビニルスルホニル基を有する
  • 水系の硬化材料として使用可能

樹脂改質剤

各種架橋剤、反応性の酸化防止剤などプラスチックや合成樹脂、潤滑剤への添加剤を取り揃えております。

TRIAM-100
イメージ
  • 重合性を利用することでポリマー主鎖に酸化防止剤の構造を導入可能
TRIAM-507
イメージ
  • 2つのアクリルアミド基を持つ架橋剤
  • 水系の硬化材料として使用可能
TRIAM-705
イメージ
  • 3官能のビニルモノマー
  • 架橋構造を有するポリマーを合成可能
ASA
イメージ
  • アリル基を有する無水コハク酸
  • 密着性向上の効果が期待できる

注意事項

  • お申し込み後、下記個人情報取り扱いの範囲において、ご入力いただきましたメールアドレス宛てにメールをお送りする場合があります。
  • メールが届かない場合、メールアドレスに誤りがあるか、富士フイルムからのメールが受け取れない設定になっている可能性があります。@fujifilm.comからのメールが受け取れる設定にして、再度ご連絡をお願いします。
  • 本サンプルは企業の研究開発が対象です。使用用途によってはお断りさせていただく場合がございます。
  • 本フォームは、富士フイルム株式会社が管理・運用しております。

個人情報のお取り扱いについて

本フォームにご入力いただいたお客さまのお名前・電話番号・E-mailアドレスなどの個人情報は、お客さまのお問い合わせに対する回答および、製品・サービスに関する情報提供のために利用いたします。 お問い合わせいただいた内容により、当社製品・サービスを提供する当社グループ会社にて対応することが適当と判断した場合、お客さまの個人情報を当社グループ会社に開示することがありますので、あらかじめご了承ください。

*選択したサンプル